スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中日の契約改正

ナマステ!

この記事は中日の契約改正について書きますw

12月22日 和 田 3億3000万円 ▼18%
12月13日 岩 瀬 4億5000万円 △5%
12月12日 浅 尾 2億6000万円 △93%
▽保留=吉見
12月7日 大 島 2500万円 △39%
平 田 3000万円 △150%
山本昌 4000万円 ▼60%
荒 木 2億円 0%
12月6日 平 井 6500万円 ▼7%
森 野 1億9000万円 ▼16%
山 井 3600万円 ▼14%
12月1日 小笠原 3000万円 ▼23%
清 水 1500万円 ▼25%
三 瀬 3800万円 △31%
高 橋 5250万円 ▼25%
小林正 6400万円 △100%
川 井 3000万円 △18%
11月30日 小 山 2300万円 △28%
前 田 850万円 △10%
井 端 1億7000万円 ▼6%
藤 井 2400万円 ▼14%
松井雅 900万円 △13%
岩崎達 1800万円 ▼14%
鈴 木 5500万円 △77%
谷 繁 1億8000万円 △6%
11月29日 久 本 1400万円 △25%
英 智 3200万円 ▼11%
伊 藤 900万円 △20%
野 本 2400万円 △9%
山 内 1800万円 △20%
堂上剛 2400万円 △100%
11月28日 小 田 3600万円 △9%
岩 田 1200万円 ▼8%
朝 倉 5700万円 ▼20%
小 川 550万円 △8%
松井佑 1000万円 ▼9%
中田賢 6000万円 ▼17%
 谷  800万円 0%
福 田 750万円 △15%
岩崎恭 800万円 ▼9%
堂上直 1500万円 ▼12%
11月26日 岡 田 610万円 ▼10%
高 島 510万円 ▼4%
吉 田 520万円 ▼4%
矢 地 500万円 △14%
田 中 720万円 △6%
柳 田 680万円 0%
金 剛 720万円 0%
小 熊 600万円 △20%
中田亮 1100万円 △8%
11月25日 斉 藤 800万円 △100%
加 藤 400万円 0%
赤 坂 400万円 0%
井 藤 400万円 0%
赤 田 400万円 0%
吉 川 680万円 ▼6%
 関  500万円 ▼7%
森 越 720万円 ▼10%
武 藤 1100万円 ▼8%
大 野 1350万円 ▼10%
まぁこれは現時点での契約です。


感想タイム☆

谷繁
17000→18000
セ・リーグ優勝には大きく貢献しましたしゴールデングラブも獲得しましたしペナントレース終盤では打撃も絶好調でした、ただし約二ヶ月の離脱やその後の抑え起用期間、週一のベンチスタートなどから見ると少し甘いかな?間違いなく優勝には貢献しましたし妥当の範囲には入るかなというところ

荒木
20000→20000
普通に妥当かな、当初は19000の提示だった様子、自分はすっと現状維持が当たり前くらいに思いましたが、確かにダイビングベッドなど印象に残るプレーはしましたが数字自体は平凡で守備も送球難だけでなくポカも目立った、と考えると減額提示もなるほどと思います、いずれにしろ妥当な範囲でしょう

井端
18000→17000
甘い、と言わざるをえない
減額制限いっぱいまでとは言わないが15000くらいまでは下げてよかったかな?確かに荒木ほど守備に送球難やポカはなかったので、そこが以外に評価されたかな?それにしても少し甘いかな

森野
22500→19000
個人的には20%ダウンの18000以下かなと思っていました、打率が一割弱ダウンし得点圏でも打てず打撃は散々でした、守備は間違って宮本とでも比べない限り打撃型サードとしてはマシなほうですがそれにしても少し甘い気がします

和田
40000→33000
自分は勝手に去年の年俸28000に戻って来年仕切り直しと思っていました、いやまあただの思い込みですが
しかし33000はちょっと高いかな、打率は一割強下がりましたしホームランは1/3です、守備はスラッガーとしてはいいほうでしょう

吉見
12000→22000
(保留)
野手はダウンが多かったですが投手はアップ額がすごいですね、吉見はコントロールがよく広がったストライクゾーンを上手く使ったんでしょう、すごい成績でした
仮に防御率を+1点で計算するなら2点台中盤で18勝です負けも3敗と少なくタイトルも獲得しました、ナゴヤドームは投手有利な球場ですしドラゴンズが二位なら妥当なところですが…個人的には倍増いって欲しいです

浅尾
13500→26000
今年はリリーフは浅尾、浅尾でした
延長戦も少なく先発の投球イニングもボールやストライクゾーンの影響で延びたため今年のリリーフの浅尾率は相当なものでしょう、倍増はいってませんがリリーフとしては破格ですし妥当なところでしょう

岩瀬
43000→45000
高いといえば高いですがクローザーとしては球界No.1の実績ですし近年ドラゴンズは岩瀬をチームNo.1の選手と扱ってますので問題はないでしょう

以上感想?でしたwww

じゃ
ここで
おここ
ノシ
びぇ
ヴぇ
銀世界びぇ~

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。